2019年に行ったキャンプ場まとめ

どうも。新参キャンパーはにまです。

前にも書きましたがロックフェスティバルにハマって以来、キャンプ自体はしておりましたが、キャンプ単体でも楽しいことに気づいたのは2019年でした。

僕にとってキャンプ元年である2019年もドハマリで結構な回数と場所へ行ったので、それぞれのキャンプ場の感想をそえつつまとめておこうかと思います。

まずはリスト

時期はめっちゃ曖昧。

2019.5
氷川キャンプ場(奥多摩)

2019.6
ぽんぽこの森ファミリーキャンプ場(那須高原)
キャンプAKAIKE(山梨・精進湖)

2019.7
浜名湖の古びた実家の別荘(浜松市)
上毛高原キャンプグラウンド(群馬県・上毛高原)

2019.8
もくもく自然塾キャンプセンター(福島県・曽原湖)

2019.9
飯能河原(埼玉県)※9月に2回

2019.10
ふもとっぱら(富士宮市)聖地!

2019.12
ふもとっぱら GO OUT CAMP!

でした。
8箇所、回数は11回か12回ですね。ハマってからの半年としてはまあまあの成績では。

個別ご紹介〜。感想をそえて。

■氷川キャンプ場

氷川キャンプ場 - 氷川キャンプ場は都心から2時間半で、奥多摩の大自然を満喫できるキャンプ場です。 敷地内には大きな巨木がたくさんあり、 マイナスイオンをあびながら奥多摩の大自然を気軽に満喫できます。 氷川キャンプ場近くでのカヌー・カヤックの体験教室もあるので是非挑戦してみてください。
氷川キャンプ場は都心から2時間半で、奥多摩の大自然を満喫できるキャンプ場です。 敷地内には大きな巨木がたくさんあり、 マイナスイオンをあびながら奥多摩の大自然を気軽に満喫できます。 氷川キャンプ場近くでのカヌー・カヤックの体験教室もあるので是非挑戦してみてください。

奥多摩にある氷川キャンプ場ですね。
多摩川のほとりでキャンプができて素敵です。
ベトナムスタッフとのレクリエーションで、とにかく奥多摩に行こうとなったのですが、ついでにデイキャン。
この頃は装備を持っていなかったので、直火OKの氷川キャンプ場に出会ったのは僥倖でしたね。
その後多摩川のほとりを徒歩にて別駅まで歩きました。

・良かったところ
予約不要。
安い。
多摩川きれい。
設備バッチリ。
売店充実。お酒や薪、その他小物は買えます。

■ぽんぽこの森

Home | ぽんぽこの森ファミリーキャンプ場|キャンプ|那須|那須高原|手ぶらキャンプ|オートキャンプ|クワガタ|BBQ|
ぽんぽこの森キャンプ場は、那須観光の中心に位置しておりアクティビティの拠点に良く、南が丘牧場、藤城清治美術館、ホテルサンバレー那須、鹿ノ湯、サファリパーク、ハイランドパークなど全てが10分以内にあり、またセブンイレブンが3分の場所に有ります。 標高700mに在ってクヌギの森のキャンプ場は、夏涼しく四季折々の景観を楽し...

キャンプ目的でキャンプに行った初物だったと思います。
新幹線で那須塩原へ、そこから40分程度バスに揺られ、更に20分程度歩いて到達。
ちゃんとした宿施設もあり、トイレも大きくてきれいめ、サイトは区切られていますが森の中のいい雰囲気でした。

訪れた日は台風が来ていてガラガラでした。
オート前提のつもりでお作りのキャンプ場らしく、徒歩で訪れたらご主人に驚かれました。
また、まだタープを持っていなかったので、台風を心配したご主人にご好意で貸していただけたのですが、使い方が全くわかっておらず、翌朝大変な水たまりというか池を作ってしまいました。思い出。

・良かったところ
ご主人やさしい。
天気が良ければ星を眺められるデッキがある。
お風呂もある。多分
森。

■CAMP AKAIKE

富士山・富士五湖のオートキャンプ&キャンプ場|キャンプ アカイケ
CAMP AKAIKE(キャンプ アカイケ)は、山梨県富士山・富士五湖にある涼しい樹海の中のオートキャンプ・キャンプ場・グランピング,バンガロー。都内から近く、キャンプ初心者でも気軽に楽しめる。富士登山にも便利、バーベキュー・カヌー・カヤックレンタルやドッグランも

ベトナムから来たスタッフとの交流で7名ほどの大人数で訪れました。

基本的にソロ装備でこぢんまりやるのが好きなのですが、バンガローを借りてのグルキャンもたまには良いですね。

・良かったところ
薪がたくさん拾えた。
森。深い。素敵。
徒歩圏に富士五湖の精進湖があり、良い。
シャワーやトイレバッチリ。

■浜名湖の古びた別荘

これはキャンプ場ではないのでまた別のお話にでも。実家の別荘です。バブルの遺物であり自慢するようなものではない。笑

■上毛高原キャンプグランド

上毛高原キャンプグランド
群馬県高山村にあるオートキャンプ場。 近くに天文台もあり、満点の星空が楽しめます。

フジロックの帰りに立ち寄りました。
2019年はとにかく台風が多くて、この日も台風直前という日だったので、急遽デイキャンに切り替え、早めの撤収。
最初は晴れていて気持ちよく、設備もバッチリなキャンプ場でしたが泣く泣く帰る頃には雨模様でした。

・良かったところ
見晴らしが良い。
設備バッチリ。

■もくもく自然塾キャンプセンター

福島県・会津・裏磐梯のアウトドアアクティビティは『もくもく自然塾』
福島県は会津・裏磐梯のアウトドアアクティビティガイドグループ「もくもく自然塾」の公式ウェブサイト。福島県・会津・裏磐梯のアウトドアスポーツ・アウトドアアクティビティはもくもく自然塾にお任せ! スノーシュー、ネイチャースキー、クロスカントリースキー、バックカントリースキー、バックカントリースノーボード、ネイチャーカヌー(...

福島県の曽原湖の湖畔の総合アウトドア施設ですね。
あの辺り、五色沼が近くて湿地帯のようなのですが、この曽原湖はこのエリアの湖の中でも数少ない、モーター付きの船が入れない湖らしく、湖面が鏡面でめちゃくちゃ素敵でした。
あ、でもアリに悩まされたなーという思い出。

・良かったところ
設備バッチリ。
曽原湖が美しい。
ペイペイ使える。
薪が多少拾えた。

■飯能河原

飯能河原の利用について|飯能市-Hanno city-
飯能市役所公式ホームページの「賑わい・観光交流・スポーツ/観光施策・施設/お知らせ」カテゴリーの「飯能河原の利用について」の記事ページです。

こちらはもはや首都圏では説明不要の聖地ではないですかねー。
非オートの僕にはとにかくアクセスが最高。駅からも近く、いつも駅前のスーパーに寄ってから徒歩で行きます。
予約不要無料なのに程よく人も少なくて本当にお気に入りです。

台風の影響が大きかったのですが、その分今は薪が広い放題になっています。2020.01現在なのでその後はわかりません。が、整備が6月に終わるようなのでまた近々行きたいと思います。

・良かったところ
予約不要!
無料!
都心から1.5時間
駅から徒歩
薪が拾える(拾えた
入間川意外ときれい

■ふもとっぱら

ふもとっぱら - fumotoppara.net -
ふもとの自然を活かした 景感・体験・休暇施設

言わずとしれた聖地!
ゆるキャンで一気に広がった感もありますが、その前からダイヤモンド富士の聖地だったようです。
僕はにわかなのでゆるキャン勢です。古参の皆様、すみませんがみんな最初はにわかです。
僕もきっとベテランになりますから生暖かく見守ってください。

初回訪れた日は残念ながら富士山はほとんど見えなかったのですが、全然問題ないくらい周囲の山々が美しかったです。
2回めはGO OUT CAMPにて。この日はずーっと富士山のいろんな表情を楽しみながらのキャンプ。最高でした。
ただ、富士山がなければもっと森系キャンプ場のほうがすきだなー。整備されすぎているとも思います。
ファミリーキャンプにはめちゃくちゃおすすめ。

・良かったところ
富士山!
山々!
広々
設備完璧
安心安全

おしまい

ついにキャンプ場にもコロナの波が来ましたね。。2020年4月なう。
首都圏はたくさんのキャンプ場が営業自粛となっているようです。
早く普通にキャンプしたいですねーーーーーぇぇぇ、、、。。。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました