雪印の6Pチーズとセブンのまろやかチーズを食べ比べてみた

どうも。割とよく家飲みします。はにまです。

たまたま家飲み用につまみのセブンの6Pチーズを買っていったら、行き先の家にも雪印の6Pが常備されていたらしく、食べ比べができました。

セブンのプライベートブランドの勢いがとまりませんね。

一覧 | セブンプレミアム公式 セブンプレミアム向上委員会
セブンプレミアム商品開発コミュニティサイ『セブンプレミアム向上委員会』公式サイトです。セブンプレミアムの商品一覧ページです。

なんでもあるんですよねえ。

消費者の直接のタッチポイント、POSデータを持っている者の強みですな。。
まあ、理屈としては
・何が売れているか知っている
・誰が買っているか知っている
・どこで売れているか知っている
→自分で作れば流通コストが下げられて、高品質低価格商品を提供できる。
ということ、というところまでは簡単ですよね。

ですが、難しいのは雪印の6Pも仕入れたいが、自社ブランドで類似品を展開してしまうと雪印からの商品提供をうけられなくなる可能性がある。という点です。

これをやりきれる条件というのはなかなか厳しいはずで、セブンと、都心在住のためあまり利用しませんがイオン系くらいでしょうね。。できるのは。

食品カテゴリでない部分で言えばAmazonが比較的単純で、消耗品であり、一定量のニーズが間違いないケーブルなどの製品群で同じことをやっていますが、やはりAmazonも圧倒的流通量とユーザーとのインターフェースの役割での圧倒的必要性を押さえているからこそ、ですね。

さてチーズのはなし

この形って何か重要な意味があるんですかねー。ここまで似せて作る必要が無い気がするんですが。。

当然色やらなにやらは全然違いますが、形状だけ見ればそっくり。

値段は
雪印6Pチーズ 365円税別
に対し
セブンまろやか6Pチーズ 213円税込
と、、安い、、、ですね。
ここまで差があると並んでいたらPB選んじゃうなあ。

食べ比べてみました

たまーにキャンプで食べると美味しいんですよね。雪印6Pチーズ。
普段はあまり食べません。

ここからはあくまで個人的感想です。
個人的にはセブンのまろやかのほうがちょっとだけ好きでした。

若干さっぱりしているんですよね。反面雪印の方はコクがあってまったりしているという感想。
濃いチーズが好きな方は断然雪印だと思います。
僕はお酒のつまみにいただくことが多いので、さっぱりしている方が今後も好きでいそう。

おしまい

今回はたまたま同時に2種のチーズが目の前にあったのでチーズ軸の話題にしましたが、どちらかと言うとセブンのPBすごいなという話です。
冷凍食品の充実ぶりも半端でないし、飲料、お菓子、缶詰や乾麺にインスタント食品などなど、何でもあリますよねえ。

ほんとによくこのバッティングぶりで正常にメーカーと取引できてるなあ、、あ、一部メーカーには発注する形も取っているのだと思うので、そういうやり方もうまいんだろうなあ。

ではまたー。

タイトルとURLをコピーしました